グローバルナビゲーション
  • 昼席
  • 夕席
  • ふぐ料理
  • はも料理
  • 西京漬
  • 鰯の丸煮
  • マクロビオティック
  • ブログ

もっとおいしいお話し

HOME ≫ ブログ

二週間振りの燃し木狩り

まだまだ寒い日が続き、薪ストーブもフル稼働中ということもあり、定休日の今日は、女将兼愛妻(!?)の真由美さんと、知り合いの建材屋さんに、燃し木狩りに行って来ました。

 

前回行ったのが、ちょうど二週間前のことで、その時の様子については、こちらをお読み下さい。

 

仕入れ用の軽トラに、

コンテナや、

発泡スチロールなどの箱類を積んで、いざ出発。

 

薪ストーブユーザーにとって、宝の山とも言うべき半端材の入ったコンテナを目にすると、

嬉々としながら、

真由美さんの誘導の下、車を近付けました。

 

二人して、嬉々としながら、

コンテナなどを、

降ろしました。

 

コンテナの中身を確認したところ、このコンテナの燃し木が集めやすかったので、

蓋をこじ開けると、

中から、

燃し木が、崩れ落ちて来ました。

 

バケツをつっかえ棒にして、

燃し木狩りの始まりです。

 

二人して、

嬉々としつつも、

黙々と勤(いそ)しみ、

コンテナに詰めたら、

荷台に乗せる作業の繰り返しです。

 

今度は、

バケツを重ね、

燃し木の入ったコンテナによじ登り、崩してから、箱に詰めていきました。

 

持参してきた箱が一杯になってきたので、小さめの燃し木を集めるため、

自分は、別のコンテナに、よじ登ることにし、

上から、

バケツなどに、

放り込んでいき、一方の真由美さんは、最初のコンテナの蓋を閉め、

最後の燃し木狩りをしてくれていました。

 

そして、全ての燃し木を、

積み終えたら、

シートをかぶせ、一路『佳肴 季凛』へ。

 

着いたら、

燃し木を降ろすことにし、

軒下に運ぶことにしたのですが、

野ざらしになっているのは、先日知人からもらったもので、乾いていないこともあり、薪ストーブを使わない時季まで、このままにしておいてから、軒下に移す予定です。

 

集めるのも、一苦労でしたが、

降ろすというか、

後始末の方が厄介で、

まさに「行きはよいよい 帰りは怖い」そのものです。

 

置く場所に四苦八苦したのですが

薪ストーブユーザーにとっては、薪があることが、

安心というより、

安寧以外の何ものでなく、

軒下に置ききれなかった燃し木は、

野ざらしにしておき、

気休め程度のベニヤをかぶせておきました。

 

言うまでもありませんが、自分も真由美さんと一緒に、仕事をしていましたし、

明日、明後日使う燃し木を、

薪ストーブ周りに、置いておいただけでなく、

荷台のシートをはじめ、

荷台や、

コンテナも掃除しておきました。

 

たいへんとは言え、薪ストーブユーザーにとっては、意外と楽しみなのが、燃し木狩りで、その効果は、光熱費削減の実益、夫婦共同作業の家庭円満、化石燃料不使用のエコなどなど、これら以外にもあるはずです。

 

ご来店され、薪ストーブの暖かさや、炎の癒やしを感じるお客様に、自分が常々お話しするのは、「薪の調達さえ出来れば、いいものですよ。」ということで、先程の理由を含め、楽しんでいます。

 

今日現在の燃し木の在庫からして、向こう二週間分は問題ありませんが、再来週あたり、再び燃し木狩りの予定で、春先まで、あと2,3回は楽しめそうな感じです。

 

☆★☆ ラジオエフ 『うまいラジオ』に出演中 ★☆★

毎月第一木曜日 昼2時頃から、ローカルFM局ラジオエフの番組『うまいラジオ』で、旬の魚について、店主兼“熱血料理人”の自分が、熱く語ります。

 

3月は、1日(木)の予定です。

s-ラジオエフ

s-うまいラジオ

放送エリアは限られますが、お時間のある方は、是非、お聴き下さい。

朝から、燃し木狩り

言い忘れていましたが、昨日のお話しが、2100回目の更新でしたので、今日が、2101回目の更新となります。

 

今後とも、お付き合いのほど、宜しくお願い致します。ということで、今日のお話しです。

 

今日は、定休日ということもあり、

朝の内に、女将兼愛妻(!?)の真由美さんと、

知り合いの建材屋さんに、薪ストーブ用の燃し木狩りに行って来ました。

 

この木製のコンテナの中に、半端材が入っているので、薪ストーブユーザーにとっては、まさに宝の山以外の何ものでもありません。

 

軽トラを近くに寄せるため、

真由美さんが誘導してくれ、

作業開始です。

 

真由美さんが荷台に乗り、

自分は、

コンテナに登り、

一つずつ手渡ししていき、

小さいものは、バケツに入れ、

そのまま手渡ししました。

 

「そろそろ、いいんじゃない?」と、真由美さんに言われ、「そうだね。終わりにする?」と答えたものの、ついつい積みたくなるのが、

ついつい積みたくなるのが、

薪ストーブユーザーの性ゆえ、

最後の最後まで、

積み込み、

帰ることにしました。

 

『佳肴 季凛』に戻ったら、

燃し木を、

軒下に積んでおき、

明日使う燃し木も、

鮮度が落ちない(!?)うちに、薪ストーブのところに置いておきました。

 

そして、

荷台をはじめ、

シートや、

コンテナも洗い、今日の燃し木狩りが終わりました。

 

まだまだ寒い日が続くらしいので、暇を見て、来週か再来週も、燃し木狩りに来る予定です。

 

★★★ 『佳肴季凛』謹製 【鰯の丸煮】 ★★★

当店では、お中元、お歳暮、手土産などの贈り物や、お取り寄せに最適な【鰯の丸煮】をご用意いたしております。

s-s-P2240075
5パック(10本)入 2,250円     ※クール便にて発送可

“大羽(おおば)”と呼ばれる大きめの真鰯を使用し、店主の“熱き想い”と共に、煮詰めた逸品です。大切な方への贈り物に、是非どうぞ。

10日振りの燃し木狩り

薪ストーブ用の燃し木を調達する時は、

仕入れ用の軽トラに、コンテナや段ボールなどを準備をしてから出掛けます。

 

ここ最近のあまりの寒さゆえ、燃し木を使う量も並々ならないので、今日は、女将兼愛妻(!?)の真由美さんと、知り合いの建材屋さんに、行って来ましたが、10日振りのことで、その時の様子は、こちらをお読み下さい。

 

着くと、

荷台から、

コンテナなどを下ろし、

自分は、半端材の入っている箱によじ登りました。

 

高さが2メートルくらいあり、

そこから、

コンテナを目がけて、

次々に、

放り投げ、

真由美さんが、きれいに並べていきました。

 

ある程度積んだら、

 

車を近付け、

荷台に乗った真由美さんに、

手渡しをして、

積み込みが完了し、

帰る準備をしました。

 

過積載気味ですので、

注意しながら運転し、

【佳肴 季凛】に戻り、

2人で、

卸すことにしたのですが、

夜の営業時間も近づいていたので、軒下にしまうのは、明日にしました。

 

最後に、

荷台とシートを、

水で流し、今日の燃し木狩りは終わり、

フレッシュな燃し木で、今夜も暖まったのでした。

 

☆★☆ ラジオエフ 『うまいラジオ』に出演中 ★☆★

毎月第一木曜日 昼2時頃から、ローカルFM局ラジオエフの番組『うまいラジオ』で、旬の魚について、店主兼“熱血料理人”の自分が、熱く語ります。

 

2月は、2月1日(木)の予定です。

s-ラジオエフ

s-うまいラジオ

放送エリアは限られますが、お時間のある方は、是非、お聴き下さい。

定休日は、薪ストーブ用の燃し木狩り

昨日は、定休日でしたが、

知り合いの建材屋さんに行き、薪ストーブ用の“燃し木狩り”に行って来ましたが、薪ストーブユーザーにとっては、まさに宝の山以外の何ものでもありません。

 

先週行った時は、

一人だったこともあり、この量を積むのが、精一杯でしたが、昨日は、

女将兼愛妻(!?)の真由美さんも、来てくれたので、

仕事もはかどり、

前回の倍くらい、

積み込むことが出来ました。

 

 

『佳肴 季凛』に戻ったら、

二人で、

燃し木置き場に、

積んでおき、鮮度が落ちないうちに(!?)、

取れたての燃し木を、

薪ストーブのところにも置き、軽トラの荷台だけでなく、

コンテナやシートも綺麗にし、

“燃し木狩り”は、終了しました。

 

半端材ですので、大きさも様々ですが、

このサイズのものになると、1時間くらい燃え続けています。

 

“燃し木狩り”は、骨を折る仕事ではありますが、妙な達成感があり、薪ストーブユーザーにとっての特権かもしれません!?

例年より早めの初点火の薪ストーブ

昨日は、12月並の寒さでしたので、

夕方になり、

今シーズン初めて、薪ストーブの火を点けました。

 

例年、10月の終わりに初点火となり、遅い年の場合、11月に入ってからということもあるのですが、今年は、10月の中旬で、いつもよりも早い初点火となりました。

 

薪もそんなに用意していなかったので、夕べの営業時間中は大丈夫だったのですが、これからの時季、薪ストーブは必需品で、急に寒くなって、暖を取るのに困らないようにするため、

女将兼愛妻(!?)の真由美さんに、

薪を、

薪ストーブの周りに、

置いてもらいました。

 

今日は、昨日のような寒さとはならなかったので、薪ストーブの出番はなかったのですが、明日からは、寒くなるとの予報ですので、出番となるかもしれません。

薪の差し入れ

月曜日の夕方のことです。

s-P1160221

富士宮市に住んでいる実父が、

s-P1160220

薪ストーブ用の薪を、持って来てくれたのですが、この薪は、実家の近所のお宅の柿の木です。

 

これを、女将兼愛妻(!?)の真由美さんと、

s-P1160223

下の娘が、

s-P1160222

運んでから、

s-P1160224

軒下の薪置き場に、運んでくれました。

 

先日もらって来た半端材も沢山あるだけでなく、

s-P1160225

乾いていないようなので、しばらくこのままにしておくことにしました。

 

薪ストーブユーザーにとっては、何よりで、さらに安心して、薪ストーブを使うことが出来ます。

薪ストーブ用の半端材の調達

最強の寒波が襲来ということで、“熱血料理人”の自分としても、如何ともしがたく、当店の薪ストーブもフル回転しており、先日、

s-PB290439

知り合いの建材屋さんに出向き、薪ストーブ用の半端材をもらって来ました。

 

薪スト-ブユーザーにとっては、まさに宝の山で、

s-PB290440

コンテナに登り、

s-PB290447

手当たり次第に、積み込みました。

 

最初は、上着を着ていたのですが、すぐに汗ばむくらいになってしまい、

s-PB290444

上着を脱いで、作業をしました。

 

その後、『佳肴 季凛』に戻り、

s-P1110328

女将兼愛妻(!?)の真由美さん達に、

s-PB290451

薪を整理してもらったり、

s-PB290455

運んでもらいました。

 

これで、しばらくの間、心置きなく、薪を使うことが出来そうです。

このページの上へ戻る