グローバルナビゲーション
  • 昼席
  • 夕席
  • ふぐ料理
  • はも料理
  • 西京漬
  • 鰯の丸煮
  • マクロビオティック
  • ブログ

もっとおいしいお話し

HOME ≫ ブログ

大晦日は、1700回目

今日は、

s-PC310342

大晦日ということで、

s-PC310316

お持ち帰り料理の『言祝ぎ』を、

s-PC310323

仕上げ、その後、

s-PC310326

お持ち帰りのふぐ料理の『ふくはうち』を、

s-PC310331

仕上げました。

 

途中、ふぐ刺を引いていると、

s-PC310329

天然のとらふぐの仕入れ先の一つでもある三重県熊野市から、

s-PC310330

6日遅れのクリスマスプレゼントにして、さらに、4日遅れの誕生日プレゼントにして、そして、1日早いお年玉である鰹が、届きました。

 

自分の鰹好きを知っているゆえのサプライズで、嬉しい限りで、

s-PC310337

このように、刺身に仕立て、大晦日の晩餐のメインとして、堪能したのですが、自分の鰹好きについては、こちらをお読みください。

 

ところで、今回の記事が、1700回目の更新となりました。全く気にせず、更新していたところ、12月の半ばに、これまでの記事と、更新のペースを数えていたところ、偶然にも、重なった次第です。

 

また、数えてはいないものの、半年ぐらい、連続で更新しているような感じですが、そんなことはさておき、これにて、本年のブログも、これで最後です。

 

お付き合いくださった皆さま、一年間、どうも有難うございました。来年も、どうぞよろしくお願いします。

平成28年の晦日

今日は、明日の大晦日の持ち帰り料理の『言祝ぎ』と、『ふくはうち』の仕込みに、追われていました。

 

『ふくはうち』のふぐちりの材料を、

s-PC300286

仕分けたり、

s-PC300288

出汁用の昆布や、

s-PC300289

リーフレットの準備をし、その後、ふぐちり用の野菜を、

s-PC300290

包丁しました。

 

また、大晦日用ですので、いつもとは異なり、

s-PC300291

梅の花に型抜きをした大根と京人参を、下茹でしておきました。

 

その後、

s-PC300294

薬味用の葱と紅葉卸しを、カップに入れたり、

s-PC300293

ひれ酒用のひれや、

s-PC300295

ポン酢を、準備しておきました。

 

『ふくはうち』の仕込みや準備の後は、『言祝ぎ』の揚物の仕込みに、

s-PC300296

取り掛かり、ずわい蟹の爪、

s-PC300297

海老、

s-PC300299

烏賊に、衣をつけたり、

s-PC300300

焼物のサーモンの西京漬に、串を打ち、明日の仕込みは、殆ど終わり、夜の営業時間となりました。

 

そして、お客様がお帰りになった後、

s-PC300306

テーブルをつなげ、

s-PC300308

器を、

s-PC300310

準備し、厨房では、

s-PC300311

明日の道具を用意しておきました。

 

最後の最後に、

s-PC300307

ふぐ刺用のふぐを、晒で包みなおし、明日の準備が終わりました。

 

泣いても笑っても、明日で、平成28年も終わりです。首尾良く仕上げ、一年を終えたいものです。

『言祝ぎ』と『ふくはうち』の器

沼津魚市場の周辺には、包装資材などを扱う専門店があり、配達もしてくれるのですが、仕入れに行ったついでに、

s-PC250202

立ち寄ることもあり、早朝ですので、この時季だと、まだ暗い時もあります。

 

12月になると、

s-PC120746

店内には、お節料理や正月の御席で使うための小道具というか、飾りものが並べられます。

 

『佳肴 季凛』では、大晦日のお持ち帰り料理として、

kotohogi.jpg

揚物と焼物を盛り込んだ『言祝ぎ』と、

fukuhauchi.jpg

ふぐ料理の『ふくはうち』を御用意するので、

s-PC120747

このようなものが必要ですので、買うことにしたのですが、決め事はなく、その時の気分で、自分が選ぶものです。

 

どちらも、持ち帰り用の料理ですので、器も使い捨てのもので、これらは、築地の包装資材店から、

s-PC260216

取り寄せました。

 

中を開けると、

s-PC260217

器と、

s-PC260219

蓋と、

s-PC260218

器が、それぞれ入っていました。

 

準備が整い、あとは、仕込みを始めるのみで、明日は、本年最後の営業日です。今年も終わりが、いよいよ近づいてきました。

季節外れの鱧(和歌山県産)

今朝、沼津の魚市場の活魚売場に行くと、

s-PC280255

水槽の前に、

s-PC280256

大きな発泡スチロールが、3つ並べられており、活ハモと書かれていました。

 

それぞれには、産地である和歌山の札と共に、

s-PC280257

8本入、6,0キロ、

s-PC280258

7本入、5,9キロ、

s-PC280259

9本入、5,8キロと書かれており、中を見ると、

s-PC280260

活きた鱧が、入っていました。

 

鱧と言えば、夏が旬の魚で、例年、10月末ぐらいまでの入荷ですが、12月末に、これだけ入荷してくるのは、珍しいことです。

 

鱧は、延縄という漁法で、水揚げされるのが、一般的なのですが、定置網にもかかることがあり、三年近く前に、興味があって、三重から、仕入れたことがあり、その時の様子については、こちらをお読みください。

 

特に、入り用もなかったので、今朝は、素通りしました。

 

ところで、暮れということで、

s-PC280261

冷凍ものを扱う売場や、

s-PC280262

問屋では、正月用の蟹が、山積みされていました。

 

これを見ると、やはり暮れらしいのですが、年々、このように売場に並ぶのも、20日過ぎくらいで、時代の流れというか、変化を感じます。

 

今年も、あと僅かです。無事に過ごせるよう、頑張ります。

46歳の誕生日つれづれ

今日は、昼過ぎから、

s-PC270227

夕方上がりのお弁当のご注文を頂いていたので、

s-PC270228

その仕上げに、

s-PC270229

取り掛かりました。

 

盛り付けるのは、

s-PC270230

いつものように、女将兼愛妻(!?)の真由美さんで、そんな様子を尻目に、

s-PC270232

自分は、

s-PC270231

夜のご予約のふぐちりや、

s-PC270240

ふぐ刺を盛り付けたりと、夜の準備をしていました。

 

そうこうしていると、

s-PC270233

お弁当は、

s-PC270234

このように、

s-PC270236

仕上がり、

s-PC270237

お客様が引き取りに見えるのを、

s-PC270239

待つばかりとなりました。

 

お弁当の盛り付けや、ふぐ料理の準備を、同時にするというのは、

kotohogi.jpg

大晦日のお持ち帰り料理の『言祝ぎ』と、

fukuhauchi.jpg

『ふくはうち』の予行練習さながらの雰囲気でした。

 

夜の営業時間になり、お客様がお見えになると、

s-PC270241

ふぐ刺、

s-PC270242

ふぐの唐揚げ、

s-PC270243

焼白子などをお出ししたのですが、今日のふぐは、静岡県産の天然のとらふぐでした。

 

この御席以外のお客様もいらっしゃったので、片付けに追われてしまい、

s-PC270244

冬休みということもあり、下の娘が、手伝ってくれました。

 

ところで、娘のエプロンですが、

s-PC270246

ディズニーのキャラクターの“ラプンチェル”を、デザインしたもので、

s-PC250190

一昨日(25日)の朝、

s-PC250191

サンタさんが、

s-PC250192

届けてくれたものでしたが、小学校5年生ということもあり、こんな小細工が出来るのも、これが最後かもしれません。

 

この日、エプロンをプレゼントとして、もらった娘は、「これって、もっとお手伝いをするようにって、ことかなぁ・・・。」と、真由美さんに言っていたらしく、早速、効果を発揮してくれたようで、我ながらのアイデアに、関心してしまいました。

 

ようやく、片付けも終わり、住まいのある2階に行くと、

s-PC270247

娘お手製のバースデーカードを、もらいましたが、27日の今日は、

s-PC280264

自分の誕生日で、46歳になりました。

 

開くと、

s-PC270248

このように、

s-PC270249

書いてあったのですが、

s-PC270251

気をつけてではなく、気おつけてとあり、冬休みの宿題を、お手伝い以上に、やってもらわないと・・・。(笑)

 

また、冬休みのお手伝いと言えば、先日は、

s-PC260214

ひれ酒に使うふぐのひれを干してくれ、熱中するあまり、

s-PC260215

冷たいコンクリートの上に座ってしまいましたが、風邪を引くと困るので、注意しましょうね・・・。

 

かくして、46歳の誕生日の一日は、無事に過ぎていったのでした。

昨日のリベンジは、静岡産の2本

昨日に引き続き、

s-PC260205

今朝も、沼津の魚市場に、仕入れに行って来ました。

 

この売場の生簀に、

s-PC260207

焼津産のとらふぐ(天然)が、

s-PC260208

4本入荷していたのですが、

s-PC260209

お互いが噛み付き合って、内臓が出ていたり、

s-PC260210

皮がはげていたりと、状態も悪かっただけでなく、この時点で、静岡の魚市場に通う富士市内の魚屋さんから、2本入荷があることになっていたので、セリの流れ次第で、仕入れることにしたのですが、予想以上の高値に驚いて、市場を後にしたのでした。

 

『佳肴 季凛』に戻り、ひととおりの仕込みを終えたら、

s-PC260220

市内の魚屋さんに向かい、

s-PC260221

2本とも締めて、持ち帰って来ました。

 

まな板に乗せ、

s-PC260222

卸すことにしたのですが、昨日のこともあり、ひと安心すると共に、萌え燃え・・・

 

卸したら、

s-PC260224

いつもの流れで、

s-PC260225

斯く斯く然々(かくかくしかじか)にして、

s-PC260226

下拵えが終わり、お客様にお出し出来る良さげな白子が、1本に入っていました。

 

ところで、天気予報によると、明日辺りから、時化そうなので、仕入れ先の浜の状態が気になるばかりでなりません。

 

ともかく、それなりの水揚げ、入荷があることを祈るばかりで、気を揉む暮れになるのだけは、避けて欲しいものです。

4本全て、撃沈・・・

今朝は、

s-PC250193

沼津の魚市場に、仕入れに行って来ました。

 

昨日の時点で、焼津の問屋さんから、天然のとらふぐ(焼津産)を送ったとの連絡をもらっていたので、この売場の生簀を見ると、

s-PC250197

1,1キロと、

s-PC250198

1,0キロのものが、

s-PC250199

1本ずつ、入っていました。

 

また、輸送中に死んでしまったものも、

s-PC250201

2本あり、合計の目方は、1,9キロでした。

 

仲買人と作戦を立て、セリに臨んだものの、4本全て、あえなく撃沈の憂き目に遇い、萌え燃え・・・とはならず、萎え萎え・・・

 

明日以降のリベンジを期待し、ひととおりの仕入れを終え、市場を後にしたのでした。

オキシジミ

先日、沼津の魚市場の貝類を扱う売場に行くと、

s-PC210235

沖蜆(オキシジミ)なる貝を、

s-PC210236

初めて目にしました。

 

ご覧のように、三重県産で、沖蜆は、小さめの蛤ぐらいの大きさをしており、一般的な蜆(しじみ)とは、全くの別物で、普通の蜆のように、淡水ではなく、海に棲んでいるいうことを、教わりました。

 

ちなみに、この日、

s-PC210241

入荷していた蜆は、愛知県産、

s-PC210244

青森県産、

s-PC210245

島根県産でした。

 

先ほどお話ししたように、初めて見た以上、当然食べたことがないので、試食するため、沖蜆を仕入れてみることにしました。

 

ボウルに沖蜆を入れたら、

s-PC210249

水洗いをしてから、

s-PC210254

バットに、

s-PC210256

日本酒と一緒に、

s-PC210258

入れたら、

s-PC210261

蒸すこと、約10分。

 

このように、

s-PC210262

開きました。

 

名前こそ、蜆とついていますが、蜆とは、全くの別物で、身は、赤みがかっており、浅蜊と蛤の中間のような味わいで、出汁も同様で、貝類独特の風味をしており、なかなかでした。

 

まだまだ、知らない食材も多く、こういったものに出会えるのも、自ら、市場に通っているからで、大いに、勉強、精進の余地ありと、再認識したのでした。

年内のランチの営業

年内は、

s-PC240198

30日まで営業し、

s-PC240199

定休日である月曜日の26日も、営業しますが、ランチの営業は、

s-PC240196

今日から、お休みさせて頂いております。

 

そんな今日、東京・築地から、

s-PC230187

千葉県勝浦産の生の本鮪が届いたのですが、前回と全く同じ産地で、勝るとも劣らないレベルのものでした。それについては、こちらをお読みください。

 

もしかすると、今年の鮪ランキングで、どちらも上位にランクインする可能性もあります。今年も、あと一週間ですが、どうぞ宜しくお願いします。

 

★★★ 大晦日お持ち帰り料理『言祝ぎ』 ★★★

当店では、大晦日のお引き渡しで、揚物、焼物を盛り込んだ特別料理『言祝ぎ』(おひとつ 5,800円)のご予約を承っております。

kotohogi.jpg

数に限りがございますので、お早目のご注文、お待ちしております。詳細については、お電話にて、お問い合わせください。

特大のイシガキフグ

前回のお話しで、最後に書いたように、今回のお話しは、珍しいふぐについてです。

 

今週の月曜日、沼津の魚市場の活魚売場に行くと、

s-PC190178

針千本(ハリセンボン)が、

s-PC190180

2本、入荷していました。

 

1本は、

s-PC190182

4,0キロの特大サイズで、もう1本が、

s-PC190181

1,5キロでしたが、針千本とは書いてあっても、イシガキフグというのが、正式名です。

 

また、こういう変わり種が好きな人がいて、

s-PC190183

親しくしている沼津市内の居酒屋さんのご主人も、その一人で、興味深そうに、というより、物欲しげに、物色していましたが、この日は、あえなく撃沈の憂き目に・・・。

 

また、この方は、こういう変わり種のフグ類で、ふぐ提灯を作るのが得意で、

s-、きえい はりせんぼん

先日も、ハリセンボンで、ふぐ提灯を作ったとのことで、それについては、以前お話ししたことがあります。

 

フグ類の変わり種だけでなく、他の魚の変わり種を集めて、水族館状態にすることが好きらしく、お店の水槽は、水族館さながらのとのことです。

 

自分のふぐ愛もさることながら、この方の変わり種好きも、かなりのもので、市場で会うと、妙な話題に花が咲くことも、しばしばで、これも、市場へ行くことの楽しみの一つでもあると同時に、良い刺激でもあるのは、確かで、そう思うと、市場がもう少し近ければと、ついつい思ってしまう自分です。

 

★★★ 大晦日お持ち帰り料理『言祝ぎ』 ★★★

当店では、大晦日のお引き渡しで、揚物、焼物を盛り込んだ特別料理『言祝ぎ』(おひとつ 5,800円)のご予約を承っております。

kotohogi.jpg

数に限りがございますので、お早目のご注文、お待ちしております。詳細については、お電話にて、お問い合わせください。

1 / 41234

このページの上へ戻る