グローバルナビゲーション
  • 昼席
  • 夕席
  • ふぐ料理
  • はも料理
  • 西京漬
  • 鰯の丸煮
  • マクロビオティック
  • ブログ

もっとおいしいお話し

HOME ≫ ブログ

新年会

 昨日は、お話したように東京へ行ってきました。日本料理研究会の新年役員賀詞交歓会に出席するためです。長い呼び名ですが、新年会のことです。
 会場は高級ホテルとして有名なホテルニューオータニです。
 s-画像 001.jpg
 以前東京に住んでいたとはいえ、今はれっきとした富士市民ですから、こんな位置から写真を撮っている姿は、お上りさんそのものです。
 受付を済ませ、会場へ入りました。
s-画像 002.jpg
 開会したのですが、大体にしてこういう会の殆どは、挨拶や祝辞がつきものです。飽きっぽい性格の自分は、苦手なことこの上ありません。当然おとなしくしていなくてはなりません。
 時間にして約1時間。待ちに待った”乾杯”です。
 s-画像 003.jpg
 はっきり言って、このため”だけ”に来たようなものです。今回の食事は中華料理でした。
 また、テーブルは自分が所属する調理師会の人たちの7人でした。ちなみに正友六進会(せいゆうろくしんかい)という名前の会です。
 s-画像 004.jpg
 写真の右側が、自分が師事した親方(岸外志氏)で舘山寺レイクホテル花乃井の料理長をしていて、当会の代表です。
 また、写真の左側が会長の齋藤章雄氏で、コンラッド東京の和食料理長をしていて、マクロビオティックに造詣が深く、講習会などで、マクロの料理を作ったりもしています。もちろんホテルでもです。
 お二人とも、日本料理研究会の師範で、和食の業界では、一角の人物です。
 こういう集まりに出席するぐらいしか、顔を合わせる機会がないのですが、こういう時は自分は料理のことをいろいろ尋ねます。せっかく、富士市から出かけていくのですから、”ただ酒を飲んでオシマイ”では、意味がありません。
 昨日もいろいろと、教わることができました。もちろん、しっかり飲んできましたけど・・・。
      志村
 

書初め展

 真由美です。昨日は、”佳肴 季凛”はお休みでした。日曜日ということもあり、子供達と一緒に過ごせました。
 昼過ぎから、富士市のロゼシアターに出かけてきました。上の娘が書道を習っていて、その書初め展に、選ばれたので、家族揃って、見てきました。
 s-画像.jpg
 これが、娘の書いたものです。一応、”銀色”の札がはってありました。来年も、賞が取れるよう、頑張って上達して欲しいものです。
   真由美

一張羅

 佳肴 季凛”は本日定休日なのですが・・・。
 という書き出しですと、あいも変わらず、休み返上で、仕込みと思われるかもしれませんが、今日は完全オフです。
 とは言っても、自分は今日、料理と同じ位大好きでたまらない、そして恋焦がれてやまない(なんだか、やたら枕詞が多いような)東京へ行ってきます。
 今日は、自分が所属する日本料理研究会の新年役員賀詞交歓会
(=新年会)に出席してきます。
 自分では、未だ”ぺーぺー”や”若い衆”のつもりでいるのですが、一応”技術理事”を拝命しているので、このような集まりに参加できるのです。
 普段着というわけではいかないので、スーツを着て行くのですが、今回は新しく買ったスーツを着て行きます。というより、皆さんに見て欲しいのが本音かも。
 s-画像 005.jpg
 これが今回買ったスーツです。自分はシングルよりも、ダブルのスーツが好きで、というよりも、ダブルしか着ません。
  
 しかしながら、先日買いに行った時も、ダブルのスーツは殆どありませんでした、店員さんによれば、「最近はシングル、ダブルというよりも、いろんなタイプのスーツが増えてきているので、ダブルは少ない。」とのことでした。
ただ主流は、シングルです。
 そんな中、数少ないダブルを選んできました。スーだけというわけにもいかないので、当然ワイシャツとネクタイも新調しました。
 s-画像 006.jpg
 個人的には、ワイシャツは白よりも、色付きが好きなので、こんな感じのものを選んできました。
 これらを着て、そろそろ出かけます。ただ、夕食もどこかで、食べてくることになるので、飲みすぎには、注意しないと・・・。
 東京へ行くと、飲食店に限らず、デパートの食品売り場などいろいろなお店を見れるのも、楽しみです。今回のスーツのお話しではありませんが、日本料理の枠に捉われることなく、常に時代の流れにアンテナを張っておかねばならないと思っています。
    志村
 

テーブル席でランチを

 昨日は、”佳肴 季凛”の個室のお話しをしました。今回は、予告通り、テーブル席のお話しです。
 s-画像 003.jpg
 テーブル席は、こんな感じです。この様子は、予約(6人)のため、テーブルを二つつなげていますが、普通は4人掛のテーブルが、4個あります。ですから、16人までは、テーブル席で、ご利用できます。
 これだけでしたら、ごく普通のテーブル席と変わりありませんが、”佳肴 季凛”のテーブル席には、ちょっとした細工がしてあります。
 s-画像 001.jpg
 このブログをご覧の方は、当然パソコンを使っているはずですから、お分かりだと思います。
 LANケーブルが接続できるのです。
 s-画像 002.jpg
 ですから、お食事(ランチ、夜の宴会など)を召し上がりながら、インターネットを利用出来るのです。
 LANケーブルは、当方で用意していますので、お声をかけてください。
 特に、接待でご利用されるお客様が、仕事の話をするときには、うってつけとも言えますし、実際に利用された方は、「商談をするには、いいね。」とか、「テーブル席で、日本料理のランチを食べながらというのも、なかなかのものだね。」といった評価もしてくれます。
 ランチというと、とかく女性のイメージがつきものですが、こんな感じでの御利用となると、営業職の方にも、好都合のようです。
 東京などの大都市では、テーブル、個室に限らず、インターネットが利用できる席は、ごく当たり前に目にするころが出来ますが、富士市や富士宮市では恐らく無いのでしょうか?
 自分自身は、店舗リニューアルに際して、このような設備には、”?”をつけていたのですが、工事を施工してくれたマクスの社長の勧めで、つけることにしました。
 「これからは、こういう設備なしでは、時代に取り残されてしまいます。そういう間口の広さも必要です。」とアドバイスしてくれ、今では重宝しています。
 また、お客様だけでなく自分もパソコンを使うので、同じように重宝しています。
 s-画像 004.jpg
 こんな風にパソコンを立ち上げ、ふぐ料理を召し上がれば、ふぐの美味しさを知ることも出来ます。
 前回、今回と”佳肴 季凛”の座席のご案内しました。いろんな形で当店を御利用して頂き、ふぐ、会席をはじめとする日本料理を、是非ご堪能下さい。
   志村

個室でランチを

 ”佳肴 季凛”が御用意している座席には、カウンター、テーブル、座敷と3種類あります。
 座敷は、畳のお席で、個室になるように、間仕切りできます。
 s-画像 006.jpg
 大小、各二つずつ、合計四つの個室があります。
 この写真の個室(小)は、4名様まで、ご利用できます。大きいほうの個室は、最大8名様まで、座ることができますが、少し窮屈な感じもするので、6名様くらいが理想です。
 間仕切りを開けると、大部屋にもできます。
 s-画像 007.jpg
 この四つの個室を全部一つにすると、最大30名様までは、座れるのですが、先程お話した個室(大)と同様、少し窮屈です。理想的には、24名で、こうすると、通路を設けることができ、ゆったりと食事(ランチ、宴会、法事、結納等のお席)ができます。
 また、座敷だと、不便を感じるお客様もいらっしゃるので、こんな感じの椅子も用意しています。特に、ご年配のお客様は重宝していただいているようです。
s-画像 008.jpg
 ”佳肴 季凛”では、予約なしでも、個室の利用もできますし、個室料を頂くこともございません。
 お客様の中には、「個室で、日本調理のランチが食べれて、個室料もいらないなんて、嬉しすぎる。」と仰る方も多いし、「富士市や富士宮市には、珍しいタイプの和食店だよね。」と言った嬉しい評価も頂け、自分を始め、従業員一同、励みにもなります。
 料理人のブログというと、どうしても料理や食材中心の話題になってしまいますが、オーナーシェフ(日本料理の場合、何て言ったらいいのか分かりませんが・・・。)として、店内のハード面にも、気を配らなければなりません。
 お客様の中で、不都合な点がありましたら、どうぞ仰って下さい。
 ところで、テーブル席には、ちょっとした工夫がしてあります。次回、お話しします。
    志村

富士市で?番目のランチデザート

こんにちは、真由美です。
”佳肴 季凛”のランチメニューは、”季”(一人前 1,500円)と、”凛”(2,800円)の二つです。
特に”季”のコースを召し上がったお客さんの殆どの方が、「これで、1,500円でいいの?これが、”凛”かと思った。」とか、「”凛”はもっと、良いものが出るの?」等と、仰ってくれます。
また、「デザート、食後のお茶(当店では、コーヒーかハーブティーが選べます。)までついている和食のランチって、富士市や富士宮市には、なかなかないよね。」と仰ってくれます。
お世辞でも嬉しいものです。そんな声を聞くと、作る志村さんもそうですが、私たち女性スタッフも、励みになります。
全てが志村さんの手作りなのですが、私を始め女性スタッフの秘かな楽しみが、デザートの試食です。今週というか、ここ最近のデザートが、”チョコレートのムース”です。
s-画像 009.jpg
普通ムースというと、牛乳を使いますが、”佳肴 季凛”は、マクロビオティックの考えを基本に据えていますので、牛乳は使わず、豆乳を使っています。
ただ、卵と生クリームは、志村さんが”心を鬼にして”使っています。ただ使う砂糖は、今回のように色を気にする必要がない時は、メープルシロップや、甜菜(てんさい)糖を使っています。
当然ですが、出来る限り、オーガニックの食材中心です。そばで見ていて、感心します。
ですから、一般的なお菓子、今風に言えば、スイーツに比べ、私たち女性の味方とも言えるのが、”佳肴 季凛”のデザートです。ということで、試食させてもらいます。
s-画像 010.jpg
当店のデザートは、素材感を重視しているので、変な甘さはありません。また、このムースに使っているカカオは、オーガニックのものでした。全部使い切ってしまったので、写真がないのですが・・・。
実を言うと、お客様の中には、私がデザートを作っていると、思っている方も多く、お客様に「どうやって作るの?」と聞かれますが、先程お話ししたように、作るのは志村さんです。
私も女性ですから、いろんな種類のお菓子を作ったことはありますが、やはりプロにはかないません。
志村さんによれば、「和食でも最近は、ムースやアイスくらい作れるもんだし、昔みたいに、”はしり”のフルーツを切るだけなんて、お客さんが喜ばない。」とのこと、私も同感です。
これまでに、いろんなデザートを試食させてもらいましたが、どれが一番とは、言えませんが、どれもが私たち女性スタッフが、自信をもってお出ししています。もちろん、料理もですよ。
富士市で五本の指に入るくらいのランチ・デザートを、作ってもらうよう、志村さんに、私たちから頼んでみますね。
「ところで、志村さん、今度のデザートは何ですか?」
真由美
「検討中。」
志村

やがら

 魚の種類が、一体全体、いくつあるかは、全く想像もつきませんが、いわゆる”魚”の姿、格好から程遠い魚も、沢山います。勿論、食べられるものと、そうでないものに分けられますが・・・。
 長い魚と言えば、鱧(はも)、鰻(うなぎ)、穴子が有名です。これらは、どれも”ヌルヌル”している蛇のような魚です。また、殆どが活きたまま入荷してきます。
 これらほど、有名ではないのですが、長い魚で、”知る人ぞ知る”と言えるような魚がこちらです。
 s-画像 006.jpg
 この魚の名前は、”やがら”と言います。体は赤く、長い顔をしています。と言うより、口が長いのです。もっというと、くちばし付きの魚です。
 s-画像 007.jpg
 こんな感じの顔というか、くちばしです。一見すると、”カモノハシ”のようです。
 この”やがら”は、”あかやがら”といいますが、”あおやがら”なる”やがら”もいますが、殆ど出回らないようです。気になっていろいろ調べてみたら、食用にするのは、”あか”だけのようでした。
 また、入荷量の少ない魚で、沼津の魚市場でも、毎日あるとは限りません。鮮度がよいものは、もちろん刺身で食べられます。味も淡白なので、椀種にしたりもします。
 今回は、刺身で出してみました。
s-画像.jpg
 普段使っている白身のように、”活け締め”ではないので、歯ごたえは味わえませんが、一日寝かした白身と同様、美味しい魚です。
 先程、お話ししたように、入荷量の少ない魚なので、仕入れてくる機会も少ないのですが、機会があればまた仕入れきます。
 ちなみに、この”やがら”は、九州・鹿児島産です。
   志村

本日開市

 昨日のブログでお話ししたように、今日から沼津の魚市場が開きました。いわゆる”初荷”というやつです。
 s-画像 001.jpg
 こんな風に、札というか、旗つきです。
 かつては、開市初日は、”御祝儀相場”で魚も高値がついたのですが、そんな話は”今は昔”です。普段の相場と変わりありません。
 また、初日だからといって、にぎやかしさもありません。と言うよりも
静かなくらいです。
 年も明けると、春が旬の魚も入荷してきます。特に、今日は、”その魚”が沢山入荷していました。
s-画像 002.jpg
 もう少し、近くに寄ってみます。
s-画像 003.jpg
 ”さより”です。個人的には、好きな魚の一つです。ここまでお話しすれば、予想がつくと思いますが、値段が多少高くても、つい仕入れてしまいます。当然今日も、そうでした。
 ”さより”は、大きいものは、”かんぬき”と呼ばれ、今日仕入れたものも、”かんぬき”でした。
 今更ですが、良い魚を見たら、我慢できません。というより、悪い”病気”です。
 ちなみに、1月の”旬の素材”に、近々アップしますので、料理の写真はこちらを、ご覧下さい。
 志村
 
 

いよいよ、開市

 今日まで、”佳肴 季凛”はお休みさせていただきました。
 しかしながら、今朝から自分は仕込みに追われ、ようやく夕方、仕込みを終えることができました。
 今日の仕込みは、野菜類(つま、煮物など)の仕込みが殆どでした。
 明日から、沼津の魚市場が開きます。暮れから少しずつ、はしりの魚も入荷してきました。
 市場初日。楽しみです。興奮して、眠りにつけないことはありませんが、期待通りの魚が、入荷していますように・・・。
 志村
 

始動

 平成21年の”佳肴 季凛”の営業は、1月6日(火)からですが、今日から、始動します。
 とりあえず、買出しに出掛け、明日は出汁を引き、煮物には味を含めなければならないので、その準備です。
 市場(野菜、魚共)は、明日から開きます。ただ沼津の魚市場は例外で、6日(火)からです。
 まだ、冬真っ只中ですが、春の食材、特に野菜類は、出始めているので、献立の中身も、思案中です。
 ただ、あまりに”旬”を先取りするのは、最近では、自分自身、?をつけています。というのも、そういう食材は、美味しさに欠けることは、どうしても否定できません。
 ただ、日本料理店である以上、家庭では食べられない”はしり”の食材を、お出しするのも一つの役目ですから、その辺のバランスも、自分自身の課題でもあります。
 ということで、料理人は、パソコンとにらめっこより、食材とにらめっこすべく生き物。いざ厨房へ向かいます。
 と、その前に買出しに行ってきます。どんな凄腕の料理人も食材なしでは料理は作れませんから・・・。
   志村
 
 
 
 

このページの上へ戻る