グローバルナビゲーション
  • 昼席
  • 夕席
  • ふぐ料理
  • はも料理
  • 西京漬
  • 鰯の丸煮
  • マクロビオティック
  • ブログ

もっとおいしいお話し

HOME ≫ ブログ ≫ 富士市立高校で、職業講話

富士市立高校で、職業講話

以前お話ししたように、今日は、地元の富士市立高校で、職業講話の講師を務めさせて頂いたのですが、前日の昨日は、

s-PB130211

“お疲れちゃん♪”を兼ねて、今日の作戦会議をしました。

 

そして、明くる日の今日は、

s-PB140220

講話を聞いてくれる生徒さん達に、ふぐ皮と、

s-PB140221

ブルーベリーのムースを、持参することにしました。

 

準備を終え、出掛けたのですが、

s-PB140225

予定よりも、

s-PB140228

かなり早く着いてしまったので、小雨の中、校内をぶらぶらしていました。

 

予定の時間になり、応接室に、自分以外の講師の方達が集まり、説明を聞き、程なくすると、それぞれの講師の方達が、

s-PB140232

教室に、向かいました。ちなみに、今日の講師の方達の職業は、消防士、警察官、会計士、理学療法士、栄養士、スポーツインストラクター、保育士、美容師などで、合計13種類の職業でした。

 

教室に向かうと、

s-PB140234

先生が、自分の名前を黒板に書いてくれており、程なくすると、

s-一立 3

授業時間となり、

s-市立 2

教壇だけに、独壇場が始まりました。ちなみに、この写真は、今回の講話の依頼主である【fきゃる】の職員の方が、撮ってくれたものです。

 

お話しした内容は、自分の現在に至るまでの経緯、今後の目標など、職業講話らしいものでしたが、職業観や仕事というよりも、それ以上に伝えたかった働くことの意義でした。

 

働くというのは、ハタつまり、周囲というより、世の中の人を、楽にしてあげることであり、それこそが、働くことの本質であることだと、自分は思っています。

 

また、料理人にならずとも、自ら選んだ職業を、どんなことがあっても、全うしてもらいたいことも、お話しし、最後は、食を支えてくれている生産者である一次産業の方達への思い、そして、食そのもの、最後には、国家のあるべき姿までになってしまいました。

 

これ以上お話しすることは、あえてしませんが、どこかしらで、お客様をはじめ、多くの方達に、お話ししている内容です。

 

生徒さん達の感想も、気になりますが、「人は教えることによって学ぶ」ということを、改めて感じ、こういう機会を頂けたことに、何よりも、有り難い限りでした。

 

こうい機会を頂いた以上、常に、自らを律することを忘れることなく、日々の仕事に取り組み、料理人としての本分を忘れず、多くのお客様に喜んで頂ける料理とおもてなしを、提供できるよう、精進します。

 

最後になりましたが、今日で、まる一週間たった【干し柿作りに、初挑戦】ですが、降水確率が高い予想でしたので、

s-PB140237

外に出すことなく、室内待機ということになったものの、ますます干し柿らしくなりつつあります。

 

★★★ 佳肴季凛謹製 西京漬 ★★★

当店では、お中元、お歳暮などの贈り物に最適な『西京漬』をご用意いたしております。

zoutousaikyou.jpg
銀鱈、サーモン各3切入  3,480円     ※クール便にて発送可

店主自ら、魚市場で吟味した“銀鱈”、“サーモン”を使用し、お手製の有機西京味噌で仕込んだ逸品です。大切な方への贈り物に、是非どうぞ。

“富士市立高校で、職業講話” への2件のフィードバック

  1. 田畑 政子 より:

    自ら選んだ仕事を全うする‥良い内容です。

  2. 志村 より:

    田畑様
    恐縮です。
    昨日の講話は、自らを奮い立たせてくれました。
    「教えることによって、学ぶ」とは、よく言ったものですね。

コメントを残す

このページの上へ戻る