グローバルナビゲーション
  • 昼席
  • 夕席
  • ふぐ料理
  • はも料理
  • 西京漬
  • 鰯の丸煮
  • マクロビオティック
  • ブログ

もっとおいしいお話し

HOME ≫ ブログ ≫ ふぐに始まり、お弁当、そして『西京漬』&『鰯の丸煮』

ふぐに始まり、お弁当、そして『西京漬』&『鰯の丸煮』

今朝は、沼津の魚市場に仕入れに行って来ましたが、

この売場に、

自分宛ての天然のとらふぐ(三重県熊野産)が、届いていました。

 

中を確認すると、

4本全てスイスイとなれば、もちろん自分は、萌え燃え・・・

 

その後、活魚をはじめ、地物の魚を中心に扱う売場に行くと、

天然のとらふぐ(静岡県焼津産)が、合計で13本入荷していました。

 

それぞれの目方ですが、

0,9キロ(3本)にはじまり、

0,7キロ(3本)、

0,8キロ(3本)、

1,3キロと0,7キロ(各1本)、

0,9キロと0,7キロ(各1本)と、このような感じでした。

 

既に、4本仕入れてあるので、強気にも弱気もならない作戦を、仲買人と立て、セリに臨むと、

0,7キロのものを、3本セリ落としてもらうことが出来、魚市場から帰ることにしました。

 

【佳肴 季凛】に戻ると、

7本全て締めておきました。

 

その後、お弁当の仕上げから、取り掛かることにし、

煮物、

揚物、

焼物と仕上げたら、女将兼愛妻(!?)の真由美さんに、

盛り付けを、女将兼愛妻(!?)の真由美さんに任せ、

自分は、ふぐを卸すことにしました。

 

そして、

お弁当は、

このように仕上がり、

箱に詰め、お客様が取りに見えるのを、待つばかりとなりました。

 

それまでに、

7本全て卸し終えた自分は、

御歳暮用の『西京漬』に仕込む銀鱈(アラスカ産)の下拵えを始め、その頃までには、

真由美さんが、ふぐの水洗いを始めてくれました。

 

銀鱈を切身にし、脱水シートに挟んで、

冷蔵庫にしまったら、

真由美さんが水洗いしたものを、

手直しし終えました。

 

そして、ランチの営業の合間を見ながら、

真由美さんが拭き上げてくれ、

ふぐの仕込みが、終わりました。

 

そして、夜の営業の合間を見ながら、

銀鱈の『西京漬』と、

今日仕上がった『鰯の丸煮』を、真空パックし、明日も、今日と同じく銀鱈を『西京漬』に仕込むので、

冷凍庫から出し、今日も無事に終わりました。

 

★☆★ 大晦日お持ち帰りふぐ料理 『ふくはうち』 ★☆★

当店では、大晦日お持ち帰り“ふぐ料理”として、『ふくはうち』を、御用意致しております。

fukuhauchi.jpg

ふぐ刺、ふぐちり(野菜他具・特製ポン酢・薬味・ひれ付)の二人前のセットで、16,000円となっております。皆様のご注文、お待ちしております。

“ふぐに始まり、お弁当、そして『西京漬』&『鰯の丸煮』” への3件のフィードバック

  1. 山中愚禅 より:

    わたしは、「魚に魅せられし単に食べるだけの人」です。
    フグ食べたい・・と思いながら、貴ブログ見させてもらってます。
    実は、疑問があります。
    泳ぎのフグに萌え萌えのご様子ですが、
    フグの場合、泳ぎを仕入れた場合と、産地で〆たのとでは、何が違うのでしょうか。
    くたびれた泳ぎよりも、産地〆のほうが、旨いのでは?と思ったりもするのですが・・。  

  2. 志村 より:

    山中愚禅 様
    鮮度が違うのは言うまでもありませんが、締めてから時間が経ったものは、お腹の中に残っているエサの匂いが回ってしまうので、ちりや唐揚には、大丈夫でも、刺身にはイマイチなことが多いです。
    魚によって、色々あるので、一概には言えませんが・・・。

    • 山中愚禅 より:

      理屈で判断するのではなく、まずは、食ってみろ、ですね。
      フグで有名な下関は全国からフグが集まると聞きますから、
      フグは長距離の輸送にも強いのかもしれません。
      ご返答、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの上へ戻る