グローバルナビゲーション
  • 昼席
  • 夕席
  • ふぐ料理
  • はも料理
  • 西京漬
  • 鰯の丸煮
  • マクロビオティック
  • ブログ

もっとおいしいお話し

HOME ≫ ブログ ≫ 嗚呼、鰹・・・

嗚呼、鰹・・・

“ふぐに魅せられし料理人”の自分が、刺身で一番好きな魚は、

s-P9070887

天然のとらふぐではなく、

s-PB222330

ブランド中のブランドの“大間の鮪(まぐろ)”と同じ生の本鮪でもなく、

s-P5100636

夏の美食の鱧(はも)でもありません。では、一体・・・?

 

何を隠そう、ありとあらゆる刺身の中でも、一番好きなのが、

s-P4304384

鰹(かつお)です。自分が通う沼津の魚市場に限らず、魚市場では、魚は、1本とか、1ケースとか、それなりの単位で、買わなくてはなりませんし、

s-P4304383

このように、山積みにされています。

 

ただ、市場内の売場には、小売り店に近いような問屋もあり、

s-P4274356

そういう問屋では、

s-P4274357

色んな魚が、所狭しと、並べられています。並べ終わった発泡スチロールの中を見ると、

s-P4274358

既に卸した状態の鰹の柵が、

s-P4274359

ありました。鰹は、色変わりが激しい魚ですので、1本で仕入れても、使いきれなので、割高を承知で、買う人達も多いのです。

 

割高とは言っても、鰹に限らず、魚の値段は相場次第ですので、かなりのお値打ちの値段の時もあります。そんな時は、迷わず仕入れ、自分のおかず行きです。この日は、そんな状況で、願ったり叶ったりの状況となりました。

 

卸してあるとは言っても、下拵えは必要で、

s-P4274363

バーナーで、皮の部分を、一気に炙ります。あとは、もう好き放題です。

s-P3133663

鰹丼にしたり、

s-P4244335

晩酌の肴にもし、それでも余った場合、

s-P4244320

次の日のお昼のおかずとなります。傍で見ている女将兼愛妻(!?)の真由美さんも、最初の丼は喜びますが、鰹が続くと、飽きてしまいますし、これが、普通の人です。

 

飽きるというより、飽きれてしまうのは、自分の様子を見れば、言わずもがなですが、真由美さんが、飽きれてくれたとなると、自分の食い分が増えるので、しめたものです。

 

これまでに、

s-P4234312

こんな食べ方をしたのは、

s-P4280015

何度もあり、

s-P4280021

鰹の味に酔いしれたことか・・・。

 

嗚呼、鰹・・・。

 

酸味すら感じる赤身の味わいが、堪りませんし、秋口になって、脂が乗る“戻り鰹”よりも、この時季の鰹の方が、自分は好きです。

 

嗚呼、鰹・・・。

 

GWということもあり、市場も休みになるので、鰹を味わうことは出来ませんが、それ以降、再三再四どころか、再百くらいまで、味わいたいものです。

 

嗚呼、鰹・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの上へ戻る